中卒が良い仕事に就くために絶対にしてはならないこと

中卒で何度も仕事を辞め職場を転々とすると大きなマイナス評価に

私はアルバイト、正社員、派遣社員を全て経験していますし、仕事で経験を積むこと、人間として成長をするために、どんな形態であれ無職ではなく仕事に就くことをお勧めしますが、中卒が絶対にしてはならないことをお伝えします。

 

 

簡単に仕事を転々としない

仕事を転々としない

仕事を転々
としない

アルバイトは中卒という学歴があまり問われないので就きやすい働き方の形態ですが、しかしアルバイトでも何度も仕事を変えるのは止めましょう

 

いくつものアルバイトを転々とするのは、将来、正社員として就職、転職や再就職活動する際、必ずマイナスの評価となってしまいます。

 

派遣社員でも、契約の派遣期間を過ぎてからの転職であれば全く問題ありませんが、短期間で仕事や職場を変えるのは決してプラスに評価されません。

 

仕事を辞めるということは、それぞれの事情があります。

 

ですから止むを得ない事情、また誰が聞いても納得できる理由で辞める、もしくは雇用主の経営状態が悪くなった場合で仕事を辞めざるを得ない場合は、その限りではありません。

 

しかし正当な理由もなく仕事を辞める、職場を転々とするのは、

  • 本人のワガママ
  • 協調性の無さ
  • 社会性の低さ

と判断されてしまい、正社員の求人に応募しても、「またすぐに辞めてしまう」と思われてしまいます。

 

3年未満の勤続は本人に問題があると判断される

中卒で正社員での社会人経験と持っているとしても、3年以上、同じ会社に勤務した経験が無いと、つまり1年ほどの短期間で退職、または転職という経歴もハンディーキャップとなる事も覚えておいて下さい。

 

3年未満の勤続期間では会社側に問題があるのではなく、退職をした本人に問題があると見做されるケースが大多数です。

 

日本には「石の上にも3年」という言葉がありますが、最低でも同じ企業、職場で3年は耐えろという意味でも用いられています。

 

この3年というのは1つの目安となっていて、逆に3年間勤続出来ない人は「駄目な人材」とレッテルを貼られることも少なくありません。

 

特別なキャリアやスキルを持つ方は別として、20代後半から30代前半の若手でも、最低で3年は同じ企業に正社員として勤務した実績が必要とされます。

 

すでに3年以内で転職を何度も繰り返している中卒の方は、会社にとってメリットとなる人材であると判断できる、資格取得や英会話など付加価値を身に付けるように努力しましょう。

 

実際、私の知人の中卒の女性で、20代で転職を5回繰り返し、そのハンディーキャップをくつがえそうと英会話を独学で学び、外資系企業に転職した女性がいます。

 

努力をしたという事実は、採用の際に高く評価されます。

 

長続きできるかどうかで仕事を選ぶ

どんな働き方でも、どんな仕事でも、どんな会社でも、いろいろと納得できないことはあるものです。

 

それらを全て乗り越えて行くのが社会人であり、乗り越えるたびに人間として成長するのです。

 

増してや中卒という身分は、とかく偏見を持たれがちです。

 

ただでさえ偏見を持たれやすい中卒が仕事を転々としている、何度も職場を変えているとなると、非常に大きなマイナス評価となってしまうのが現実です。

 

アルバイトにしろ、派遣社員にしろ、給料や休みなどの条件も大切ですが、何より長く続けられる仕事かどうか、それを優先して選ぶようにしましょう。

 

特にアルバイトの場合、仕事に就くのが比較的ラクであり、正社員と比べて責任感という面で軽いという事もあり、気軽に仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

 

ですが長い目で見ると、決して自分のためにはなりませんので、くれぐれも注意をする、アルバイト選びも「続けられる仕事」かどうかを慎重に判断するようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク