社会で十分に通用する中学卒業レベルの英語をマスターする

中学で習う英語をマスターすれば生涯にわたり有益で強力な武器に

高校中退した中卒という学歴、その学歴以上に社会で評価され、就職でも有利となる資格を取る、スキルを身に付ける、資格や技能取得のために勉強する、試験に挑戦することは非常に有益でメリットがありお勧めですが、英語能力を身に付けることも非常にお勧めです。

 

英語を勉強するといっても、私からの提案は「中学生レベルの英語をマスターする」です。

 

 

中学レベルの英語で十分に通用する

一生有益な英語能力

一生有益な英語能力

英語や英会話能力を身に付けるために、本格的な英会話教室に通うという人もいるでしょうし、そういった方法で英語を勉強をするという意志と計画を持っている方ではなく、出来れば

  • お金をかけないで
  • 空いた時間で自由に
  • 自分の能力にあったペースで

英語を勉強する方法として私が提案するのは、中学生の時に授業で使った教科書を全てマスターする、というモノです。

 

実際の海外ビジネス、そして英会話で使われる英語は、中学卒業レベルで十分に通用します。

 

これは英語を仕事で日常的に使う多くの方が口を揃えて指摘しています。

 

中学で習う英語をマスターすればTOEICで600点(満点は990点)は取れると断言する人もいるくらいです。

 

私の知人で、中卒ながらも会社の中で「英語が出来る人」として認められて、海外担当の部署の管理職で仕事をしている男性がいます。

 

その方も、「中学の英語の教科書をマスターすれば、社会で、また実際の外国人相手の英語として十分に通用する」と言います。

 

生涯にわたり自分の人材価値を上げてくれる英語能力

日本人の非常に多くの方が英語アレルギーを持っていますが、この記事を読んでいる中卒の方も、「英語は嫌い無理…」という方が多いと思います。

 

きっとこの記事を読んで、「よし!英語を勉強しよう!」と決心する人は残念ながら多くないと思います。

 

だからこそ意味と価値があるのです。

 

大多数の日本人が何年も学校で勉強している英語、しかしいまだに英語がダメという人が多い日本の社会、だからこそ今からでも英語をもう一度勉強し直しする意味と価値があるのです。

 

価値というモノは需要と供給によって決まりますが、英語嫌いな人が多い日本だかこそ、英語ができる人は非常に有利なのです。

 

50代、60代の高齢な中高年の人の転職や再就職でも、英語ができると転職も再就職もダントツに有利となると言います。

 

高齢な求職者の転職や再就職では、学歴は殆ど重視されず、その人が会社で何が出来るか、どういった貢献が出来るかが採用の決め手となります。

 

現時点で非常に有益となる英語能力は、一度マスターすれば生涯にわたり自分の強力な武器となるのです。

 

履歴書と面接での強力なアピールとなる

高校や大学レベルの英語などではなく、中学生が習う英語で十分なのです。

 

教科書を棄ててしまったという方は参考書で十分です、自分のペースで再勉強をしてマスターしましょう。

 

TOEICを受験して具体的なスコアーを履歴書に書けば、自己PRとしては最高の部類に入ります。

 

TOEICを受験しなくても、求人に応募する際に提出する履歴書で、そして面接で「英語を勉強しました。日常会話の英会話はマスターしています。」とアピールすれば採用の可能性は飛躍的に高くなります。

 

高卒、大卒で「英語には自信がありません…」と小声で言う求人応募者と、中卒であっても「英語の勉強は大好きなので、引き続き勉強を続けて仕事に活かしたいと考えています!」とハキハキと答える応募者と、どちらが人材として魅力的でしょうか?

 

多くの採用担当者が、後者を好ましい人材として採用する筈です。

 

さらには、英語や英会話の能力を必要とする求人にも応募ができます。

 

中学レベルの英語をマスターすることは人生を変えることにつながり、超お勧めです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク