通信制高等学校で全日制高校と同等の高卒の学歴を取る

中卒で通信制高校に入学し高卒学歴を目指すメリットと特長

高校を中退してしまった、中学を卒業してそのまま就職してしまったなどの理由で、最終学歴が中卒の方も少なくありません。

 

年齢を重ねていくと「やっぱり高卒の資格だけは取っておけば良かった。」と思う方もいると思います。

 

実は年齢に関係なく通える高校、そして卒業したら高卒の学歴が得られる学校があるのをご存知でしょうか。

 

 

通信制高等学校で高卒の学歴を取る

通信制高校で学歴を

通信制高校で学歴を

それは「通信制高等学校」と呼ばれるもので、修業年限は3年以上とされている学校です。

 

通信制高等学校の特徴としては、レポートの提出、スクーリング、試験などがあります。

 

レポートは、いわゆる宿題のようなもので、自宅で自主学習したものを提出するというものです。

 

スクーリングは、週に1回~月に2回が主流ですが、実際に学校へ足を運んで、先生や他の生徒と一緒に勉強します。

 

他にも一般的に体育と呼ばれる授業などもあり、そういった行事に参加して単位を取得していきます。

 

そして学校といえば試験ですが、これは通信制高等学校にもあります。

 

全日制高校卒業の資格と同等

通信制高等学校には様々な年齢層の方が通っています。

 

通信制高等学校は、仕事をしながら合間に通っている人、年配の方が資格をとるために通っているなど、年齢に関係なく高卒の資格が取れるというのが最大のメリットです。

 

近年では、通信制高等学校に通う人の傾向として、色々なタイプがいます。

 

真面目な人、ヤンキー、ご老人など…

 

全日制の学校や定時制の学校と異なり、スクーリングの日数自体は少ないのですが、幅広い友達が出来るというのも魅力の一つです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク