中卒男性で熱意で高卒以上が採用条件の営業職に就いた人の例

中卒男性の就職では会社に熱意を伝える事が重要

男性の中には私と同じように高校中退の方もいるでしょう。

 

なぜか男性の高校中退は女性よりも、「何か問題を起こしたのでは?」と白い目で見られがちです。

 

 

私の知人の中卒男性の例

熱意を伝える

熱意を伝える

見た目だけで面接が受からない、学歴だけで判断されてしまう…

 

男性の学歴というのは女性よりも重要度が高いのかもしれません。

 

これは私の知人の話ですが、高校中退の中卒の男性がいました。

 

その男性はどうしても営業職に就きたいと思い、接客業を中心に色々なバイトをしていました。

 

23歳の頃、そろそろ安定した仕事を探さなくては、と本命の営業職を探しいくつも面接をしました。

 

彼は履歴書に中卒である事、それでもやる気はある、という事を熱心に書いていたのです。

 

でもどこの会社も彼の学歴と見た目だけで判断し、OKを出してくれるところ、採用してくれる会社はありませんでした。

 

熱意で高卒以上が条件の求人に採用

彼はこの時「高校へ行っておけば良かった」と、かなり後悔したそうです。

 

だけど彼は決して諦めませんでした

 

自分のこの熱意が伝わるまで頑張る!と面接でやれるだけの事はやってきたのです。

 

結果、高卒以上と書いてあっても中卒の彼を受け入れてくれる会社が見つかりました。

 

面接をした人は「熱意に惚れた。可能性にかけてみようと思った。」と言っていたそうです。

 

そんな彼は今では会社の中でも上の方の人間になりました。

 

男性の場合、どれだけ自分の熱意を伝えられるのかが重要であると思います。

 

将来を見据えて中卒という学歴にとらわれず、自分にやりたい事に熱意と誠意を持って挑戦すれば、必ず道は開けます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク