ハローワークだけに頼らず就職に使えるモノは全て使う

職安だけでなく学歴不問や未経験者歓迎求人が多い民間サービスも活用

私の知り合いで高校中退し中卒となった人の就職活動を見ていて気が付くのは、多くの中卒の人がハローワークでの求人をメインに活動しているということです。

 

ハローワークを活用した就職活動は、もちろん行うべきです。

 

しかし中卒で就職、転職活動をするならば、ハローワークだけに頼らず、求人情報サイト、就職・転職サイト、また個別にサポートをしてくれる転職エージェント、さらに個人的な知り合い紹介の縁故など、使えるモノは全て使うべきです。

 

 

様々なメリットがあり就職のチャンスが拡大する

使えるモノは全て使う

使えるモノは
全て使う

その理由は、

  • 圧倒的に多くの求人情報が得られる
  • 全国版の大手求人に応募ができる
  • 自分の視野が広がる

からです。

 

ハローワークが扱う求人の多くは、地元の会社求人が多くなっていて、有名企業で求人を全国展開している求人を取り扱わない場合があります。

 

大手の企業が、日本全国の各支社用に求人をする場合などの求人チャンスを逃すことがないように、全国版の求人情報を一手に扱う求人情報サイトも活用するべきです。

 

高卒以上という学歴の応募条件のない、学歴不問で未経験者歓迎という条件の求人も、圧倒的に就職・転職支援サイトやエージェントで多くなっています。

 

以下の記事も参考にするようにして下さい。

 

ハローワークも勧める求人情報サイトの利用

また中卒で仕事をした経験がなく職歴がない人、社会人経験が短く浅い人は、これらの民間の就職サポートサービスを利用することで、この社会には、どんな仕事があるのか、どんな職種があるのか、自分の視野や見地を広げることもできます。

 

ハローワークで失業認定を受けるために説明会に出席した経験のある方であればご存じでしょうが、ハローワーク自体も民間の就職・転職支援サイトを活用することを勧めています。

 

その理由は、情報量の多さ、そして就職が成功するまでのサポート体制からです。

 

ハローワークの職員の方には申し訳ないですが、民間の就職・転職支援サービスの担当者の方が

  • 就職・転職を支援して成功させた実績の数
  • 企業にに採用されるための実践的なノウハウ
  • 個人個人に合った就職のための支援
  • 最新の企業の求人の傾向と動向
  • 求人応募から採用までのスピディーな対応

の面で、遥かに優れています。

 

更に私の経験から言えば、ハローワークの求人に応募して採用されなかった失敗体験では私の中に何も残りませんが、就職・転職支援サービスでの失敗経験は、たとえ失敗に終わっても必ず「良い経験」になります。

 

残念ながら不採用となっても、次の求人での就職・転職活動に「糧」として活かせる貴重な経験を積む事となります。

 

その貴重な経験は、必ず最終的な希望に叶う就職や転職に繋がるのです。

 

こちらの「お勧め求人情報・就職支援サービスサイト一覧」でご紹介している就職・転職支援サイト、また転職エージェントを大いに活用しましょう。

 

以下の記事も参考にしてみて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク