就職・転職サイトの求人応募では企業に電話をかけ熱意を伝える

サイトから求人に応募しても電話をする応募者は殆どいない

インターネットで利用が出来る民間の就職・転職サイト、求人サイトは学歴不問の求人が多いので、ハローワークで自分に合った良い求人が見つけられなくても、就職・転職サイトで求人が見つかる可能性があります。

 

利用は完全に無料ですから、とにかく先ず、こちらの「お勧め求人情報・就職支援サービスサイト一覧」でご紹介のサイトに登録する事が第一歩です。

 

 

ネットからの応募だけではなく電話をする

電話でPRする

電話でPRする

私の経験上、就職・転職支援、求人サイトで気になった仕事や求人に応募する際は、決められた応募フォーマットに必要事項を記入してWebサイトから応募するだけではなく、ネットで応募した後に直接、求人をしている会社に電話をする事をお勧めします。

 

こちらの「中卒男性で熱意で高卒以上が採用条件の営業職に就いた人の例」でもご紹介していますが、相手に自分の熱意を伝える事は非常に重要で、意外と忘れがちなポイントで、また実行する人は少ないようです。

 

直接電話をする事で、こちらの応募の熱意が伝わります。

 

電話では、しっかりと「○○という転職サイトを見て応募しました」という旨を相手に伝えて下さい。

 

転職サイトの場合、ネットから申し込みをして先方から連絡を待つ方法が一般的で、大多数の応募者は電話などしません。

 

しかし電話をしてはイケないとは、どこにも書いてありません。

 

電話する事で、熱意が伝わり、採用の可能性が高くなります。

 

私が実際に行った裏ワザで、そして採用を勝ち取りました。

 

電話で相手に伝える事

注意点としては、会社に電話をかけても、先ず電話に出るのは「受付」の人で、求人の担当者ではないという事です。

 

就職・転職サイトの求人情報に、求人を出している会社の担当者の部署や名前が表記されている場合は、例えば「求人に応募しました○○と申します。総務部の△△様をお願いします。」と電話を取り次いでもらいましょう。

 

もし求人情報に会社の担当者の情報が載っていない場合は、「就職・転職サイトのXXから求人に応募しました○○と申します。求人ご担当の方をお願いします。」とお願いするようにしましょう。

 

この電話も「面接」と同じように、決して失礼のないように社会人マナーを守って下さい。

 

求人担当の方が電話に出たら、先ず自分の名前をフルネームで告げます。以下に参考例をあげますが、「もしもし」は言わないのがマナーです。

 

以下の例では“未経験者OK・営業に興味にある方”という求人に応募した場合とします。

 

求人担当者「はい、△△です。」

 

貴方「初めまして、今回、XX(就職・転職サイトの名前)より、御社の求人“未経験者OK・営業に興味にある方”に応募させて頂きました、○○(貴方のフルネーム)と申します。

 

求人募集の内容を拝見し、高い関心を覚えて応募させて頂きました。御社の営業の仕事に高い興味を持っております。

 

是非とも採用して頂きたく、応募のご報告として、お電話をさせて頂きました。何卒宜しくお願いします。」

 

ここで注意をして頂きたのは、相手はまだ貴方の事を何も知らないという事で、応募書類にも目を通していないだろう、という事です。

 

あくまでも挨拶程度の、短い会話とするようにして下さい。

 

求人の応募状況なども確認が出来る

ネットからの規定の求人応募の申し込みは、必要事項を記入して送信するだけなのですが、企業によっては応募をしても何の連絡もこないケースもあります。

 

私も求人に応募したものの、不採用とも何とも連絡のない会社が何社かありました。

 

逆に、私が求人に応募した会社に電話をした際、10人の募集に何百人も応募しているという、応募の状況を教えてもえた経験もあります。

 

こんなケースでも、直接に電話をしたほうが、もしも募集が既に終了していた、他の人が採用されていた場合などでも、すぐにまた次の求人を探せるのでお勧めです。

 

また電話で「応募しました」と伝えると、相手に「この人はビジネスマナーで大切な報告と連絡が出来る人だ」という印象を与える事にも繋がります。

 

転職・求人サイトで見つけた求人に応募する場合は、求人会社に直接電話し、こちらの熱意を伝える、これが私のお勧めの裏ワザです。

 

求人情報サイトを活用する際は、こちらのカテゴリー「就職・転職支援サイトの求人で就職をする」内の記事にも目を通しておいて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク