就職支援や派遣会社に多く登録する事による色々なメリット

就職支援を受ける数の違いでのメリットとデメリット

就職や転職を支援するサービスや派遣会社には出来るだけ多く登録することをお勧めします。1社でも多く登録することは、支援をするプロも勧めています。

 

同じ求人でも支援を担当者の優劣で状況が変わる

多数登録で得られるメリット

多数登録で得ら
れるメリット

就職や転職を支援するサービスの場合、複数のサービスが同じ求人を取り扱う場合が少なくありません。

 

大企業、大手の会社などでは、同じ案件を複数の就職支援会社を通して求人をします。

 

あくまでも架空の例ですが、トヨタ自動車の1件の求人を、リクナビNEXTでもマイナビでもdodaでも、3社全てで取り扱うというようなイメージです。

 

そのような、例えばA社、B社、C社の3社の就職支援サービスが同時に募集する求人で、A社は優秀な社員が担当しB社は平均レベルの人が担当、C社では有能とは言えない社員が担当となったとします。

 

この場合、全く同じ求人でもA社の有能な担当者の支援を受けて就職活動をすることは、遥かに他のライバルの求職者に比べて有利です。

 

求人応募で提出す書類の作成から面接の受け答えの指導など、適切な指導が受けられます。

 

しかしB社やC社だけに登録をしている求職者は、決してA社の有能な担当者からの支援は受けられません

 

会社によって得意先の企業が違う

就職支援をする会社には、それぞれ得意先の企業が違う場合があります。

  • 支援会社Aは「X社とY社」と太いパイプを持っていて人材紹介実績も多いが「W社とZ社」には強くない
  • 支援会社Bは「W社とZ社」と関係が深いが「X社とY社」とは疎い

これは派遣会社も同じで、それぞれ求人や仕事を紹介する会社によって得意先が違ってきます

 

当然ながら、会社内部の事情に関しても得意先の企業の情報を多く持っています。

 

X社からZ社まで、全ての求人情報を手にして、より自分の希望や条件にマッチする中卒向けの求人を選び応募するためには、就職支援会社のA社にもB社にも登録をするべきです。

 

支援を受ける数の違いでのメリットとデメリット

就職支援サービスや派遣会社への登録で、少数の登録しかしない場合と1件でも多く登録する場合のメリットとデメリットは以下の通りとなります。

 

多数登録のメリット
  • 多くの担当者の中から優秀で相性の良い人が選べる
  • 有能な担当者から採用されるための適切な指導が受けられる
  • 多くの求人の中から納得し満足できる中卒向きの求人が選べる

 

少数登録のデメリット
  • 担当者が有能かどうか自分にマッチしているか比較が出来ない
  • 優秀な担当者でない場合は求人に採用されない危険性がある
  • 中卒者が検討対象となる絶対的な求人数が少なくなる

より多くの支援を受け、より多くの求人や仕事紹介情報を手にして、有利に就職活動を行いましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク