正社員での社会人経験 / 派遣社員はアルバイトというイメージ

派遣は臨時雇用という印象で就職や転職では正社員の社会人経験が有利

仕事に就いて会社に勤務して得られる社会人経験については、転職や再就職で貴重な財産となり、そのキャリアが転職活動での採用評価の対照となります。

 

キャリアを積むために派遣社員でもアルバイトでも仕事に就くことを優先することを前ページでお勧めしましたが、それは最初の一歩であり、その次に目指すべきは正社員として仕事をすることです。

 

特に20代から30代前半の若手の中卒の場合、就職や転職を考えるにあたり、自分が持つ社会人経験について自己チェックする事が重要です。

 

 

正社員としての社会人経験が重視される

社会人経験は断然有利

社会人経験は
断然有利

例えば正社員と派遣社員では、社会人経験として同じような仕事をしてきたとしても、客観的評価で違うモノとされることが多くなっています。

 

正社員の場合は「正式な形で企業から仕事を任されている」といった認識に対し、派遣社員の場合は一時的な雇用形態で仕事を任されているといった評価となりがちです。

 

実際に正社員と派遣社員では仕事の質、更には業務責任の度合いが異なっているケースもあり、社会人経験としての評価の差が生じるのは仕方のないことです。

 

アルバイトでは、さらに高く評価されないのも現実です。

 

職歴不問でニートの人の就職を支援するサービス、またそのサービスで扱う求人以外では、正社員であったかどうか、は転職の際にも重要視されます。

 

派遣社員はアルバイトというイメージ

派遣社員は残念ながら、一時的な雇用で就労というイメージから脱却が難しいのが現状です。

 

転職活動をする際にも正社員経験者が有利となります。

 

学歴不問、職歴不問の求人も多くありますが、しかし求める人材の評価に関して、今までにどんな仕事をしてきたかの内容が精査される求人も多くあり、現在仕事に就いているならば、そのキャリアを磨べきです。

 

20代後半から30代前半の若手の中卒で転職を検討される方の場合、この精査されるキャリア、社会人経験が浅いのは致し方ない事で、その人が持つ社会人としてのキャリアよりも、その将来性に期待する学歴も職歴も問わない求人も増えています。

 

しかし最も一般的な求人に応募し採用を勝ち取るためには、当サイトで基本的にお勧めしているように、先ずは仕事に就くことを最優先に考え、さらに次は正社員として就職することを目指し、自分の将来の計画を立てることを強くお勧めします。

 

また、自分に付加価値を身に付ける事も非常に有効な手段です。

 

例えば英語の勉強をしTOEICに挑戦するなど、正社員としての勤務経験が無いというハンディーキャップを覆すだけの人材としての魅力を持てば、学歴不問、職歴不問の求人は当然ですが、その他の一般的な求人でもかなり有利になります。

 

派遣社員、アルバイトでの社会人経験よりも正社員での就労経験の方が高く評価されることは覚えておきましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク