営業の能力は学歴に関係なくどんな仕事でも通用しメリットに

営業で身に付く対人関係を良くする能力は全ての仕事で役に立つ

営業とは商品やサービスを売る前に自分自身を売る、つまり相手に自分を信用して頂く事、ファンになって貰う、自分を好きになって貰う事が非常に大切です。

 

もちろん、お客様に気に入られる事が最も大切な事ですが、社内、つまり自分の上司、先輩、同僚からも信用を得る事も大切です。

 

 

信用される優秀な営業に

営業で人間として成長する

営業で人間として
成長する

営業と言っても、営業が自ら出かけてお客様を訪ねるルート販売営業もあれば、逆にお客様が店舗を訪問した際に対応する接客営業もあります。

 

しかし、どちらのケースでも大切なのは、商品やサービスを販売する際に、「この人の言う事は間違いない」とお客様から信用を得る事です。

 

営業を経験した事のない方の中には、TVのCMなどで有名となっている商品、ベストセラーのグッズなどは、誰でも簡単に売れると思い込んでいる方も少なくありません。

 

確かに、その商品やサービスが、既に絶対的な信用を得ているモノであれば、黙っていても売れるでしょう。

 

しかし、そんな場合でも優秀な営業マンは、プラスアルファーの成績を上げています。

 

黙っていても売れる商品やサービスに対して、例えば保証期間を延長したサービスをプラスし、より付加価値を高める営業をしています。

 

そして社員として評価が上がり、会社にとってなくてはならない存在となるのです。

 

外側からも内側からも信頼される営業に

そのような優れた営業となるには、社内での態度も大切になります。

 

上司からも先輩からも同僚からも信頼され頼りにされる営業となれば、適切なバックアップも受けられます。

 

「この人の頼みだから聞いてあげよう」という関係が出来上がれば、鬼に金棒です。

 

そして社外からも社内からも評価される営業は、その他のどんな仕事や職種に就いても、必ず高く評価されます。

 

営業職で身に付けた様々な人間的な魅力は中卒や高校中退という学歴などの関係なく、どんな仕事でも通用すると断言しても良いと思います。

 

では、どのような事に注意をすれば、そのような優秀な営業になれるのでしょうか?

 

次ページで詳しくご説明します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク