高校中退の原因が自己責任の際は反省で失敗を活かす事が出来る

自己責任の原因を反省自覚し中卒ならではの経験として人生に活かす

中卒で就職活動をする際、まず自分が高校を中退した原因を見つめ直し、理由を分析してみましょう。

 

原因について、もし反省すべき点があれば悔い改める、また特に反省すべき点がなくとも将来の人生設計に活かす、それを糧として今後の心構えにする事で、これから中卒の自分がすべき事が明確になります

 

 

高校中退の一般的な原因

中卒原因が自己責任の場合

中卒原因が
自己責任の場合

高校中退、または高校に通えなかった原因として一般的にあげられるのは

  • 中学時代に問題を起こした
  • 高校で問題を起こし中退した
  • 不登校やイジメで通学・進学が出来なくなった
  • 家庭・家族の事情で就職する事になった
  • 家庭の事情でやむを得ず高校中退した

などではないでしょうか。

 

中卒となった理由は人それぞれで、本当は高校へ行きたかったのに行けなかったという方もいます。

 

逆に、高校なんて興味ない、学校には通いたくない、勉強などしたくないから中退してニートになった、あるいは就職した方もいる事でしょう。

 

ここで注意すべき事は、中卒の原因が自己責任かどうか、という事です。

 

中卒の原因が自己責任の場合

問題を起こしたり、面倒で学校に行かなくなった、勉強が嫌いだったから、親に反発して高校を中退した、というのは自己責任です。

 

学歴が中卒となった事を結果的に後悔する人もいれば、別に何も気にしない人もいますので難しいところですが、高校中退の原因が自己責任なモノである以上は、今後の自分の人生を悔いなく過ごせていけるかどうか、がポイントとなります。

 

ただ、もしも反省すべき点があるとするならば、これから社会に出て仕事に就く場合、それが社会人として通用しないものであれば、やはり悔い改めるべきです。

 

特に「問題を起こした」という場合、具体的には「暴力行為」など、それが違法行為であった場合は当然ですが、たとえ法律に触れない内容であっても反社会的で反道徳的な「問題」の場合、真摯に猛省をして、二度と同じ過ちを繰り返さないという固い決心が必要です。

 

学生であれば子供のした事と判断されますが、社会に出て仕事をすれば大人です。

 

未成年で許されていた事も、社会では決して許されません。

 

学校では中退で許される、それで決着がつく事も、社会では許されない事がある事を自覚しましょう。

 

反省し、社会人としての自覚を持つ事が出来れば、かつての失敗、そして後悔も中卒ならではの経験として人生に活かす事が出来ます。

 

それは将来、家庭を持ったときも、非常に役に立つ人生経験です。

 

魅力あるカッコイイ大人に成れるチャンスです

よく「昔はヤンチャだった・無茶なことを色々とした・ヤンキーだった…」という大人の人で、今はすっかりと人間的に大きくなり多くの魅力を持つカッコイイ人がいますが、そういう大人の方は、自分の過去の過ちを悔い改め、正しく「糧」としている方です。

 

もしも自己責任の「問題を起こして」高校を中退したならば、そういった苦い経験を「糧」にして、魅力あふれる大人になれるチャンスを持っているのです。

 

自分の経験を活かし、本当の意味で誰からもカッコイイと言われる素敵な大人になるようにして下さい。

 

それは実際に高校中退を経験した者にしか出来ないことです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク