面接官が不採用を決める代表的な要因とその対策

面接で不採用要因となるビジネスマナー・準備不足・発言の矛盾・熱意

大手の就職・転職サイト記事で、面接官が不採用を決めた要因をあげています。

 

せっかく書類選考を通過しても最後の面接で失敗しないよう、ご紹介する不採用となる主な要因には、くれぐれも注意するようにしましょう。

 

 

不採用となる代表的な要因

 

ビジネスマナーが悪い
不採用の要因と対策

不採用の
要因と対策

面接では何事も正直に語るべきですが、たとえ社会人経験が無い、または浅くても、あくまでもビジネスパーソンとして臨むものです。公の場にふさわしい会話ができるかどうかは重要なポイントです。

 

友人達と話をするのではなく、社会人同士での会話です。ビジネスマナーをわきまえた言動を心がけましょう。

 

面接前の準備が不足

面接準備の大前提は自身の軸を持っておく事です。模範的な解答を丸暗記しても見透かされてしまうものです。

 

何のための就職・転職か?自分は入社後にどうしたいのか?などをまとめておき、その裏づけとなる具体的なエピソードも過去の出来事を振り返ってまとめておきましょう。

 

発言に矛盾があり一貫性が無い

就職・転職理由と志望動機が合致しないなど、自分が言ったことと違うという矛盾が生じるケースが少なくありません。この矛盾、一貫性の無さも準備不足によるものです。

 

自分の軸を持っておく事が重要です。必要であれば応募書類に記述した事を暗記するなどして、発言に矛盾が生じないようにしましょう。

 

熱意が伝わらない

熱意は大きな決め手ですが、相手に伝わらなければ全く意味がありません。落ち着いて面接官とのコミュニケーションを行い、伝えるべき事前にまとめた軸に沿い熱意を伝えましょう

 

転職エージェントを活用

上に紹介した不採用の要因に対して、自分一人で対策を講じるのが難しい、出来ないと感じる方も少なくないでしょう。

 

就職、または転職経験の無い中卒には、少々高いハードルと言えるかも知れません。

 

そんな中卒の方には、プロからサポートを受ける事を強くお勧めします。

 

転職エージェントであれば、面接などの注意点を個人の性格に合わせて指導をしてくれます。

 

登録は、こちらの「お勧め求人情報・就職支援サービスサイト一覧」でご紹介している転職エージェントを活用してみて下さい。

 

転ばぬ先の杖、です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク