事前に就職のプロと模擬面接を行い自信を持って面接にのぞむ

面接での失敗を防ぐための事前準備として模擬面接を

就職を支援するプロは、「面接のぶっつけ本番は失敗する可能性が非常に高い」と指摘しています。

 

書類選考を通過したチャンスを活かすために、必ず面接前には事前準備をするべきとしています。

 

 

話し方で悪い印象を与えてしまう

事前の模擬面接を

事前の模擬面接を

多くの人は人前で話す際、少なからず緊張します。それは誰しも同じです。緊張しない人など、ごく少数です。

 

ましてや就職や転職活動での面接は採用されるかどうかの決め手です、緊張するのは当たり前です。

 

面接で話す内容や質問に対する回答を事前に準備していても、緊張するあまり、下を向いて話す、小さな声で話す、笑顔で話さないとなると非常に印象が悪くなります。

 

特に以下のような態度は面接でNGとされています。

  • 笑顔がなく無表情
  • 声が小さく聞こえない
  • 前を見ずうつむいている
  • 姿勢が悪く顔や髪をいじる

そのような話し方や態度とならないためには、面接前に事前リハーサルをすると良いでしょう。

 

セリフを紙に書いて声を出して練習

先ず面接で話すべきこと、アピールしたいことを紙に書き、それを声に出して練習をすることを就職のプロは勧めます。

 

この場合、箇条書きではなく、実際に話すセリフのままに書くのがコツとされています。

 

声に出して練習する場合、目の前に面接官が居ることをイメージし、相手の目を見て、笑顔で、シッカリと聞き取れる声で話すようにしましょう。

 

動画の自画撮り+エージェントに依頼をする

就職のプロの方は、声に出して話すリハーサルをカメラで自画撮りして、正しい姿勢で話をしているかなどをチェックする事を勧めています。

 

また出来れば他の人にも、その録画した動画をチェックしてもらうと更に良いとしています。

 

私は、自分でチェックすることにプラスし、転職エージェントの方に依頼して模擬面接をする事をお勧めします。

 

エージェントの方を面接官と想定して、面接のリハーサルを行うのです。

 

必ず役に立ちますし、プロとして気が付いた点を指摘して貰えますし、何より自信を持って面接にのぞむことが出来るので必要以上に緊張する事も避けられます。

 

こちらの「お勧め求人情報・就職支援サービスサイト一覧」で紹介しているエージェントに相談され、面接の事前準備をシッカリと行う事をお勧めします。

 

昔から「無くて七癖」と言いますが、例えば知らず知らず無意識に

  • 貧乏ゆすりをする
  • ため息をつく
  • 髪の毛を触る

などなど、自分では気が付かない「癖」というモノはあるものです。

 

第三者にチェックをしてもらい、面接でNGとされることを行わないように準備をしておきましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク