履歴書の正しい書き方の基礎を覚え就職チャンスを逃さない

知らない人が多い履歴書の基礎 / 今さら聞けない履歴書

就職や転職で求人に応募する際に履歴書を提出するのは常識中の常識ですが、大手の就職・転職支援サイトの担当者によれば、年齢に関わらず意外と履歴書の基礎を知らない人が多いとのことです。

 

就職の際の基本ともいえる履歴書の書き方を知らないと、それだけで採用されない場合も有り得ます

 

せっかくのチャンスをミスで失わないように、再度履歴書の基礎をチェックしましょう。

 

 

履歴書を書くにあたり注意するべきこと

就職・転職支援サイトが扱う求人では、Webサイトからインターネットで履歴書の登録できて「紙」は不要ですが、ハローワークでの求人に応募する際のように、「紙」で履歴書を提出するケースでの注意点をお伝えします。

 

黒のペンかボールペンで記入
履歴書の正しい書き方

履歴書の
正しい書き方

記入には黒のペンかボールペンを使用します。鉛筆やシャーペンはNGですので決して使わないようにしましょう。

 

修正ペンでの書き直しはNG

書き間違えたら最初から書き直しをするのが基本です。修正ペンや修正テープを使用し、その上から書き直すのは厳禁です。

 

下手でもていねいな字で書く

字の綺麗さ、上手さに自信がなくても、時間をかけて文字を書き、読みやすい楷書体で、ていねいに書くようにしましょう。

 

PC記入やメール応募も可なケースも

ハローワークでの求人でも、会社によってはエクセルのフォーマットで履歴書を作成し、そのエクセルシートをメールに添付して応募できる求人も多くなっています。ハローワーク職員を通じて確認をすると良いでしょう。

 

履歴書を書き終わり提出する際に注意するべきこと

インターネット上でデーターとして履歴書を登録する際も、また「紙」で履歴書を提出する際でも、両方の場合で共通して注意するべき事をお伝えします。

 

空欄は残さない

履歴書には全ての項目を記入するのが基本です。資格や賞罰などの欄で特に書くべきことがない場合は、「なし」と記入して空欄のままにしないようにしましょう。

 

最後にもう一度見直しする

日付が未記入だったり、誤字がないか、インタネットでの登録の際は「クリックする前」に、「紙」で履歴書を提出する際は「封筒に入れる前」に、最後に必ずもう一度見直しをしましょう。出来るならば、他の人にチェックして貰うのもお勧めです。

 

コピーをとっておく

面接での質問は、提出した履歴書等の書類に書いてある内容に基づいてなされる場合が多々あります。提出前にコピーをとり、書いた内容を残しておき、面接前に読めるようにしておき、質問に対する回答と提出した書類に書かれている内容と違いが起こらないようにしましょう。

 

履歴書の使い回しはNG

履歴書の使い回しは止めましょう。日付が古いままだったり、新しく応募する企業の要綱にマッチしない記述が残っている場合もあります。

 

正しく書かれていて当たり前の履歴書

人気のある求人には多くの求職者が応募し、その応募者の分だけ履歴書が提出されます。

 

履歴書は書く内容が決まっている書類だけに、そして基本が守られていて当然の書類で、基本が守られている事が前提の書類です。

 

例えば男性が面接を受ける際、特殊な業界を除いて、ネクタイを締めスーツ姿で面接に臨むのが基本ですが、ミスのある履歴書は面接にTシャツと短パンで出かけるのと同じで、「常識が無い」と受け取られてしまいます。

 

履歴書に記入ミスがあると人事担当者の印象がマイナスになってしまいますので、書く前、書いた後の注意すべきポイントを確実に確認して、応募するようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク