高校を中退した理由でマイナスの印象を持たれないためには

高校を中退した原因の反省と仕事に対する前向きな姿勢を示す

前ページでご紹介した「問題行動を起こした」という理由で高校を中退した、また

  • 病気やケガで高校に通えなかった
  • 家庭の貧困で高校に通えなくなった

という不可抗力な原因以外で、高校を中退した原因では以下のケースがあるとされています。

  • 成績や出席日数で進級出来ないと判断した
  • 高校自体が嫌いで勉強も好きではなかった
  • 収入を得て自立し家族から離れたかった
  • 人間関係でトラブルを起こした

 

 

高校中退者の採用で最も懸念される事

会社をすぐ辞めるのではという懸念

会社をすぐ辞める
のではという懸念

「病気やケガで高校に通えなかった・家庭の貧困で高校に通えなくなった」という本人自身では解決が出来ない不可抗力が高校を中退した原因である場合は、面接でもそのまま伝えれば良いでしょう。

 

ケガや病気が原因の場合は完治している、健康体である事を伝えましょう。

 

問題は、それ以外のケースです。

 

貴方本人にしてみれば、どれもが真剣に悩み、考えて出した結論でしょう。

 

しかし就職活動で重要なのは、「相手がどう受け止めるか」です。

 

親しい友人同士であれば、「それは大変だったね」とか、「その判断は正しいよ」とかの反応をしてくれるかも知れませんが、就職活動では、冷静で客観的な判断がされます。

 

高校を中退した人を採用するかしないかで最も懸念されるのは、「高校を辞めてしまったように採用をしてもまた会社も辞めてしまうのでは」と不安を持たれるからです。

 

多少のツラい事があっても、耐えて乗り越えていく根性があるかどうかを心配されるからです。

 

反省点とこれからの姿勢を伝える

高校を中退した原因は、当サイトで繰り返しお伝えしているように、嘘を言わず、そのままを正直に伝えるべきです。

 

但し、採用されるために、それぞれの反省点と今後の自分の心構えをシッカリと伝えるべきです。それぞれの高校中退原因で、お勧めの「回答」の一例をお伝えします。

 

参考にして頂き、自分のケースに当てはめて、自分自身の言葉で宣言するようにしましょう。

 

成績や出席日数で進級出来ないと判断した

当時の自分には耐える能力が不足していた、また劣等感に弱かったと自覚しています。今は苦労をする事が自分を成長させてくれるチャンスである事を理解しましたので、「苦労は買ってでもせよ」という姿勢で仕事にあたるつもりです。

 

高校自体が嫌いで勉強も好きではなかった

学ぶ事の大切さ、楽しさ、素晴らしさが高校を中退した事で理解出来ました。まだまだ勉強するべき事、知識として身に付けるべき事が山ほどありますが、日々勉強という精神で貪欲に学びながら仕事に取り組みます。

 

収入を得て自立し家族から離れたかった

自分でお金を稼ぐ、収入を得る事だけが自立する事ではないと分かりました。全てを独力で解決する事、また必要に応じて周囲の人達に協力をする、協力をしてもらうという、人との繋がりが大切であると今は考えています。

 

人間関係でトラブルを起こした

高校を中退し友人を幾人が失い人間関係の大切さと有難さを身をもって学びました。自分の誤ちを素直に反省し同じ過ちを繰り返さない事を心情としてチームワークを大切にして仕事に取り組みたいと考えています。

 

経験をしたからこそ反省が出来て改善も出来たとアピール

全ての高校中退の原因は人生と仕事でプラスに活かす事が出来る」でもお伝えしていますが、これらのアピールは高校を中退したからこそ出来るアピールです。

 

だからこそ中卒となった原因や背景は、包み隠さずに正直にそのまま伝えるべきなのです。

 

1つ嘘をつけば、その嘘を補う嘘が必要となり、いくら素晴らしい聞こえの良い事を言っても決して相手の心に届きませんし、最悪の場合は人間性さえ疑われてしまいます。

 

高校中退の原因は正直に、そして反省点と今後の心構えは自分自身の言葉で語るようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク