内定取消となったが気持ちを切り換え外資系IT企業に就職

内定取消となったお陰で外資系IT企業への就職に成功

高校中退し、バイトや在宅ワークをしながら就職活動をしていた女性です。

 

もともとパソコンが好きで、IT関連の会社に就職をするのが望みで、IT企業を中心に転職サイト、ハローワークで求人を探し、応募をしていました。

 

念願だったIT企業から採用の連絡

嬉しかった親からのアドバイス

嬉しかった親
からのアドバイス

私が最初に応募したIT企業から中途採用の通知を貰った頃は、かなりの不景気で倒産する企業も続出していました。

 

この頃から、新卒学生の内定取り消しということを耳にするようになったのですが、まさか私も採用通知が取り消されるとは考えてもいませんでした。

 

そのIT企業の求人はハローワークで見つけたのですが、求人票には未経験者歓迎と書かれ、更には学歴不問とも書かれていたので、良い求人を見つけたつもりでいました。

 

面接に行ってみると、比較的よい感じで受け答えもできたので、十分採用してもらえる可能性があると自宅で待っていました。

 

すると、そのIT企業から連絡があり、採用する事に決まったと言われたので、3日後から勤務すると伝えました。

 

3日後にしたのは、ちょうど月末だったので、来月の1日から勤務したかったためです。

 

これで念願だったIT企業に就職できた、これからは正社員として働きながら、さらにパソコンのスキルを身に付けて、プログラマーとなれるように頑張ろうと胸を弾ませていました。

 

ありがたかった親のアドバイス

しかし次の日、そのIT企業から連絡があり、採用を取り消したいと言われた時は、目の前が暗くなる思いがしました。

 

理由を聞いてみると、経験者で自分と同じぐらい若い人が応募して来て、その人を採用したいからと言われました。

 

泣きたい気持ちで電話を切りましたが、せっかく私の就職を喜んでくれた親に、その内定取消を伝える時が最もつらく感じました。

 

でも私の親は、こうアドバイスしてくれました。

 

「平気で内定取消をするような会社なんてロクな会社じゃない。そんな会社などに勤めなくて良かったじゃない!」

 

この親の言葉には、感謝してもしきれない思いで、また涙が出て来ました。

 

外資系IT企業に就職

いつまでも落ち込んでいても何もプラスにはなりません。

 

心機一転、その後は転職サイトと転職エージェントを中心に就職活動をし、お蔭さまで外資系のIT企業に就職する事が出来ました。

 

今では、あのような非常識な会社に採用されなくて良かった、内定取消となってラッキーだったと思っています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク