高校中退の中卒者は仕事を選べないという事は決して無い!

百花爛漫の社会で多くの会社と仕事が中卒者を待っている

この社会には、まだまだ私が知らない仕事が山ほどあるんだ…

 

運送会社の助手というアルバイトを通じて、私は自分の知らない仕事と会社が、まだまだ数えきれないほどあること、自分が知っている社会など、全体のほんの一部である事…

 

それに伴い、自分さえ真剣に真面目に努力をすれば、希望する仕事に就けるという可能性を感じ、就職に対する不安から暗くなっていた視界が、イッキに明るく広くなるのを感じました。

 

 

実にさまざまな製品とそれに関わる仕事

世界に無数にある製品や商材と仕事

世界に無数にある
製品や商材と仕事

私がアルバイトをしていた運送会社では、取り扱う荷物も実にさまざまでした。

 

1つで数十万円もする高価な荷物もあれば、100個入りで1000円という荷物もあります。

 

ハンカチが1枚入っているかのような小さくて軽い荷物もあれば、自動車の前後バンパーの試作品という大きな荷物もありました。

 

トラックの荷台一杯に積み込まれる荷物には、どれ1つとして同じモノはありません。

 

それらのさまざまな値段、大きさの製品は、全て誰かが設計し製造している、またそれぞれに個別の材料がある、つまり1つの製品にたいして全てそれぞれの仕事があるわけです。

 

更には例えば「製品の設計」にしても「材料の調達」にしても、仕事の管理をする立場の人もいれば予算を管理する人もいれば実務を担当する人もいる…

 

自動車を例にしますと、1台の自動車には、どれだけの種類の部品が使われているか、ご存知ですか?

 

答えは「3万」です。大きなエンジンから小さなボルトまで、その種類は合計3万です。

 

数えきれないほどの会社があって、数えきれないほどの製品があって、それに関わる数えきれないほどの仕事があるのです。

 

しかも、もし海外、世界という視野で考えれば、きっと途方もない仕事の数となる筈です。

 

もちろん時代と共になくなっていく仕事もありますが、逆に新しく発生する仕事もあります。

 

現に私が女社長を務める会社の仕事はIT関係の範疇に入る仕事で、私が高校を中退した時では存在しなかった仕事で想像さえ出来なかった仕事内容です。

 

当時の私は、自分が知っている社会、経験している社会、そして社会にある製品や商品なんて、ほんの一部だけなんだなぁ、まだなだ何も知らない、経験していないと同じなんだなぁ、という事が痛いほどに分かりました。

 

百花爛漫の社会の中で道を拓く

その時のアルバイトで私が経験したのは形のある荷物です。

 

この社会には形の無いサービスも色々と多くあります。

 

それらを全て加えれば、とても数えきれないほどの仕事、会社、そして製品の数となります。

 

数えきれないほどの仕事の中から、私達が実際に経験出来る仕事は、ほんの一部ですが、仕事を選ぶ際、探す際は、とても多くの選択肢の中から選ぶ事が出来るのです。

 

そう、あの運送会社の社長が私にアドバイスしてくれたように、やる気を持ち、真面目に真剣に誠実に生きていけば、この百花爛漫の社会の中で必ず道は拓けるのです。

 

中卒では、その学歴のハンディーキャップで

  • 仕事は選べない
  • 選べる範囲は狭い
  • 選べたとしても数は少ない
  • 会社に入っても昇進は出来ない

などという事は全くありません!

 

アルバイト先の社長が言われたように、そして私がアルバイトの仕事を通じて実感したように、数えきれないほどの仕事がある百花爛漫の社会の中で、多くの仕事が、会社が、製品やサービスが貴方を待っています

 

現に私の知り合いの中卒者の多くは、第一線でバリバリと仕事をこなし、課長・部長などの管理職にも就いていて、会社から高く評価されています。

 

当サイトでお伝えするアドバイスやヒントを参考にして、積極的に行動を起こしてみましょう!

 

夢は決して貴方を見捨てません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク