高校中退・中卒という事だけで先入観を持たれる覚悟を持つ

中卒に先入観を持つ人は多いが全ての企業が学歴重視ではない

まさか私は携帯電話ショップの求人面接で、前に勤務していた会社の寮費の事を指摘されるとは夢にも思ってもいませんでした。

 

それでも面接に受かりたい、採用され携帯電話に携わる仕事がしたいと願った私は、自分は車を持っていない事、前の就職先の警備会社が親身になって相談に乗ってくれ、好意で寮を用意してくれた事などを必死に説明し伝えました。

 

従業員は金髪なのに…

中卒に対する先入観

中卒に対する
先入観

それでも面接官は、「矛盾してるよね~」という、まるで馬鹿にしたような言い方をしました。

 

いまだに、何が、どう矛盾しているのか私には分かりません、理解出来ません。

 

さらに挙句のはてに、「貴女、髪の毛も茶色いしねぇ…」とまで言われました。

 

この時の私の髪の毛の色は、ほぼ黒色でした。

 

と言いますか、わざわざ面接のために黒くしたのでした。

 

実は私は、面接前にそのお店の職場の雰囲気を自分の目で見て確認しているのですが、そこで働く女性店員は金髪に近い髪をしていました。

 

携帯電話を販売する仕事とは全く関係のない、前の会社の寮の事を聞かれ、さらに事実に基づく私の説明が矛盾していると言われ、挙句の果ての黒く染めた髪の毛が茶色いと指摘された私…

 

これは単なる言いがかり、難くせです。

 

もう採用される可能性は無いだろうが、もし万が一にでも採用と言われれば、こちらから「お断りです!」と言ってやろうと心に決めていました。

 

会社の内容は分かりません、他の従業員には素晴らしい方もみえるかも知れません。

 

しかし、このような非常識な人と一緒に仕事はしたくない、出来ないと感じていました。

 

高校中退者・中卒者という先入観

それから面接では学歴の事、また家庭の事情をあれこれ聞かれ、答えたくない事まで答えさせられ、かなり傷つき、同時に腹立たしさを感じながら帰宅しました。

 

1週間後「今回は不採用です。」という電話を受け取りました。

 

採用されても断るつもりでいましたので、その時は何とも感じませんでした。

 

あの会社は、もともと私が仕事をするべきトコロでは無かったのだ、と受け止めました。

 

「高校を中退している・中卒だ」

 

それだけで先入観を持たれて変な目で見られる事は普通にあります。

 

この面接の私のように誤解されて色々言われる事もあると思います。

 

就職活動をする中で、このような嫌な目に遭うことは覚悟しておくべきです。

 

学歴が全て、という企業も多いのでしっかりと自分の気持ちを伝えて、それでもダメなら次へ行く、という気持ちの切り替えが出来るようにならないといけないです。

 

学歴の事を言われるのは覚悟しておくべきですが、すべての企業が学歴重視ではない、という事だけは覚えておいてくださいね。

 

私のように中卒ということで傷付かない、無用なダメージを受けないためのアドバイスを、次のカテゴリー「中卒が社会で身に付けるべきワザ」でお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク