海外で働き国際的視野を持つ人材を育てる学歴・職歴不問の中卒向き求人

若年層に国際ビジネス感覚を身に付けさせ会社の未来が託せる人材に

高校を中退した中卒者を含む若年層の転職希望者の受け入れについては、ここ近年、前向きな企業が増えつつあります。

 

海外にも事業を展開するグローバル企業についても、いかにして若くて優秀で、会社の将来を任せられる人材を確保し、若いうちから海外拠点で活躍して貰えるかが勝負と考えて、学歴も職歴も問わず積極的に人材を採用している傾向があるとされています。

 

 

キャリアアップのための転職

若年層に国際感覚を身に付けさせる意義

若年層に国際感覚を
身に付けさせる意義

高校を中退したばかりの頃は右も左もわからず、右往左往していたという人も多いと思いますが、フリーターを含めて何らかの仕事に就いた人も、ニートという人もみえるでしょうが、どなたも自分の将来についても考え出すことでしょう。

 

高校を中退し数年ほど経過すると、ニートの方は就職を、フリーターで仕事に就いている人は正社員、正社員の人は転職を真剣に考える動きが出始めると言われています。

 

いずれの場合も、現状のままでは将来が不安だ、今よりも良い状況と待遇の仕事に就きたいという望みがベースとなっていて、「今の状況よりより、もっと自分を活かせるトコロが有る筈だ」と、人生のキャリアアップを考えている中卒の方が多くなっています。

 

海外で事業を展開しているグローバル企業は、まさしくキャリアアップの場として注目される世界で、外国人を相手にした海外ビジネスという国際的な仕事に憧れるケースも多いようです。

 

そのキャリアアップをしたいという若いチャレンジ精神こそがグローバル企業が求めている人材の要素なのです。

 

また冒頭に書いたように、学歴も職歴も一切問わないという、まさに中卒向きの求人も非常に多くなってきているのが現状です。

 

国際感覚を身に付けた人材の育成

若年層では、自分の社会的な評価を客観的に知る、自分にはどれほどの人材的な価値があるのか確認するために、就職や転職活動をするといった人もいます。

 

若く人生経験も浅く、まだまだベテランと呼ばれるレベルの社会人ではない若い人は、周りからどういった評価をされるのか、既に数年間仕事に就いているが、自分が従事したジャンルの中で、どこまでキャリアアップが出来るのかを試してみようと転職活動を検討する人も多いようです。

 

私が登録をし利用し、いろいろとお世話になった転職エージェントの担当者の方に依れば、20代後半から30代は、就職、転職のチャンス機であり、転職活動自体も良い経験値になるとのことでした。

 

海外事業を展開するグローバル企業が若年層に求めるモノは、海外拠点で日本では経験の出来ないビジネス体験を積む事で、グローバルな視野を持つ人材に育つ事です。

 

海外での活躍を通り身に付けた国際感覚を、管理職となったポジションで十二分に発揮し、会社全体の経営に参加し、より会社を発展させる人材に育って欲しいという希望を持っているからです。

 

もちろん、あるジャンルで専門的なキャリアを積んだベテランは、即戦力としての活躍が期待され、グローバル企業としても欲しい人材ですが、成長を続ける使命のある企業には、将来を託せる人材も必要です。

 

狭い日本国内だけのビジネスではなく、常に世界を視野に入れてビジネス展開が出来る人材を若いうちから確保したい、その人材ニーズに若年層は、うってつけなのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク