海外で働いた経験は貴重なキャリアとなり学歴以上の価値がある

若年層の海外ビジネス経験は生涯に渡り有利なキャリアに

現在は海外で働きたい、そのために海外で事業展開をする企業に転職し派遣され、外国で暮らしながら仕事をしたい、そう願い転職活動を検討する方も、長い人生の中、その考えが、いつ、どう変化するか分かりません。

 

しかし海外で働いた、海外ビジネスに携わったという経験は、必ず今後の社会人人生でメリットとなります。

 

海外で働いた経験は、どんな状況でも転職や再就職で有利になりますので、若年層と呼ばれる若いうちから挑戦してみる事をお勧めします。

 

 

生涯に渡り有利となる海外ビジネス経験

資格やスキルと同等の海外ビジネス経験

資格やスキルと同等の
海外ビジネス経験

近年は日本でも生涯で一度も転職を経験した事のない社会人の方が珍しいほど、転職は一般的になっています。

 

また勤めていた会社の経営悪化、減俸、リストラなど、止むを得ずに転職や再就職する方も少なくありません。

 

そんな転職や再就職の際でも、海外で働いた経験がある、海外ビジネスに携わったキャリアを持っていると有利となります。

 

既に国際社会に多くの日本企業が進出していますが、まだ海外ビジネスの経験が浅い、成果が十分ではないという事業も、また海外に進出をしていない中堅企業も多くあります。

 

キャリアも能力もほぼ同じ転職、再就職希望者が求人に応募した場合、たとえ高校を中退したという経歴があったとしても海外で仕事をした経験を持つ経歴の人が有利になることは間違いありません。

 

資格やスキルと同じで、持っていれば評価される、決して損にはならないキャリアです。

 

企業が求める国・地域・外国企業でのビジネス経験

実際に当サイト管理人の知人で中卒男性の転職の際、それまでの彼の海外ビジネス経験が採用にあたり高く評価されました。

 

彼はアパレル業界で仕事をしており、アジア圏の国に派遣され、その国で4年間、海外勤務をしました。

 

帰国後、さらなるキャリアアップを目指し転職エージェントに登録、見事スカウトされて好待遇の転職に成功しました。

 

求人をするグローバル企業が、新しく事業展開を計画している国、人員強化を図っている地域、または海外の特定の企業、その特定の国、地域、また企業でのビジネス経験を有する人材であれば、是非とも入社して経験を活かして欲しいとなります。

 

更に、海外で仕事をした経験は、実際の海外ビジネスで役に立つ他に、日本とは文化も習慣も違う異国の地で暮らしたという生活力、適応力など人としての逞しさを証明する事となります。

 

実際のところ、中卒という最終学歴は社会人として数年間活躍すれば、それ以降は大きなハンディーキャップとはならず人材評価の要素にもなりませんが、同時に、その何年間、どこで何をしたかが大きく問われるようになります。

 

学歴などではなく、どこで何をしたかが人材の評価となるのであれば、海外で働いた経験は、環境に変化に強く、どんな状況にも適切に対応が出来て、物事をプラス方向に導く能力が備わっている可能性が高い人材と評価されます。

 

様々な事にチャレンジできる若さを活かし、海外で働きキャリア形成し社会人経験を積む目的でも、グローバル企業への転職を検討してみて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク