中卒にとってのアルバイトのメリットは学歴が関係ない事

中卒がアルバイトで仕事をする際のメリットと特長

「アルバイト」という言葉の響き、また「アルバイトの仕事をしている」という自己紹介は、正直あまり良い印象ではないかもしれません。

 

最近ではアルバイトをしている人をフリーターと表現をする事もありますが、アルバイトも立派な仕事です。

 

 

中卒にとってのアルバイトのメリット

学歴が無関係なアルバイト

学歴が無関係な
アルバイト

率直にいって、アルバイトで働く際は中卒という学歴は何ら関係しません

 

仕事内容で多少違いはあるものの、ほとんどのアルバイトの仕事に学歴は影響しません。

 

そういう意味では、中卒でもアルバイトであれば自由に仕事を選ぶ事が可能で、これが中卒にとって最も大きなメリットといえるでしょう。

 

アルバイトの仕事を選ぶ際は、再三お伝えしているように

  • 短期間で辞める事の無いようなある程度長く続けられる仕事
  • 自分の将来に役に立つ技能が得られる内容の仕事
  • 正社員になっても良い・なりたいと考える会社の求人

を選ぶのが大切なポイントです。

 

またアルバイトでも、役職並みの仕事をするところもありますので侮ってはいけません。

 

正社員より高い給料となる場合も

アルバイトの仕事の特徴としては、ほとんどがシフト制、時給制だという事です。

 

シフト自由というのをウリにしている求人も多いのですが、シフトを選べるというのはアルバイトならではだと思います。

 

また、給料は1時間いくらという時給制で、働く場所によっては1分単位で残業代をつけてくれるところもあるのです。

 

何よりアルバイトの収入面でのメリットは、時給制という事で就職先によっては正社員より稼げるという事ではないでしょうか。

 

もちろん派遣社員と同じで、正社員のようなサービス残業などということはなく、残業代が支払われないということはありません。

 

私は過去に、ゲームセンターでアルバイトをした経験もありますが、時給は早番で1200円、遅番で1300円ありました。

 

正社員の場合、朝の8時前に出勤して夕方の18時まで働き、週に1~2回の休みで手取りが20万円ほどしかありません。

 

しかし、アルバイトとして働いていると同じ時間で換算した場合、約28万円ほどあったのです。

 

これは例えですし、ボーナスが支給されるされないなど色々なケースがありますので、必ずしもアルバイトの方が給料が高いという事は言えないのですが、場合によっては正社員より上回る事がある事も事実です。

 

従業員と同じ製品の割引が受けられる場合も

企業によっては、自社製品やサービスを従業員に対して割引で販売する会社もあります。

 

従業員は自分が勤める会社の製品やサービスを割引価格で購入できる、利用できるという従業員向けの会社側のサービスですが、会社や職場に依ってはアルバイトという非正規雇用でも、この割引が受けられる場合があります。

 

アルバイトの仕事で候補にした会社の製品やサービスに興味がある、将来は正社員としてそれらの製品やサービスを取り扱いたいと考える方は、求人に応募する際に、従業員割引について確認すると良いでしょう。

 

以下の記事も参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク