中卒で正社員就職を目指すなら紹介予定派遣社員制度で就職を

紹介予定派遣社員は中卒にも会社にもメリットのあるシステム

派遣社員には、「紹介予定派遣社員」という正社員雇用を前提とした派遣システムがあります。

 

これを利用し、気に入った会社で最初は派遣社員として仕事をし、その後に正社員としての就職を目指すという手もあります。

 

 

紹介予定派遣社員とは

紹介予定派遣のメリット

紹介予定
派遣のメリット

紹介予定派遣とは、派遣会社から紹介され派遣先の会社に、正社員として採用される事を前提として決められた期間働くシステムです。

 

派遣期間が終了した時点で、派遣先の会社と本人の合意のもと、正社員として雇用されます。

 

このサイトに来てみえる中卒の方で、既に仕事をしていて転職などを検討している方もみえると思いますが、就職をして働きはじめた会社、職場が、就職前に自分が考えていた雰囲気とは違っていた場合、イメージと違う場合、期待外れである場合などもあります。

 

逆に会社側でも、採用した人間が考えていた人物とは、期待した能力を持っていなかった、会社が必要とした人材とは違っていたというケースもあります。

 

いわゆる求人をする側と応募した側とのミスマッチです。

 

ミスマッチの場合、就職する人も採用する会社にも、両者にとって損失となってしまいます。

 

しかし紹介予定派遣制度を利用すれば、就職する側は会社や職場の雰囲気や仕事の内容を直接に確認できますし、採用をする会社側も派遣社員の能力やキャラクターを正式に正社員として採用する前にチェック出来ます。

 

両方にとってメリットとなるシステムなのです。

 

中卒にも会社にもメリットのあるシステム

紹介予定派遣では、一定期間を派遣社員として派遣先で仕事をして働き、その後、両者の合意で正社員採用が決まります。

 

派遣社員と働いてみて、気に入らなければ、または他に良い会社があれば正社員としての就職を断る事も出来ますし、逆に社員としての能力が認められない場合は会社側が正社員採用をしない場合もあります。

 

この両者にとってメリットのある合理的な紹介予定派遣社員制度は、あくまでも両者の合意のもとになされ、合意がなければ成り立たない制度となっています。

 

ですから、もしも最終的には正社員としての就職を望み紹介予定派遣社員制度を利用するのであれば、「正社員として雇いたい」と会社側に認めてもらわなくてはなりません。

 

アルバイトの場合でも同様ですが、正社員に負けない仕事ぶりを発揮することが大切です。

 

「派遣の契約期間終了後も、このまま我社で仕事を続けて欲しい」と言われるように頑張りましょう。

 

こちらの「お勧めの派遣求人・仕事紹介サービス」で、紹介予定派遣の取扱い派遣業者としてある業者が取扱いをしていますので、登録される事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク