仕事や社会経験の浅い中卒に有り難いサービスのハローワーク

中卒にとって非常に有益なハローワークの様々な就職サポート

ハローワークは、学歴や年齢や性別に関係なく、様々な多くの人が就職・転職活動で利用しています。

 

また少しでも早く就職が出来るように、ハローワークの職員の方々は尽力をされています。

 

正社員を目指す際でもアルバイトの仕事を探す際でも、活用するようにしましょう。

 

 

様々なの就職指導

ハローワークの注意点

ハローワークの
注意点

ハローワークでは、求人に応募する際に提出しなくてはならない履歴書などの必要書類の書き方を指導してくれたり、また出来上がった書類のチェックもしてくれます。

 

また会社を訪問する際や面接を受ける場合の注意点、指導もしてくれる、特に社会経験が浅い人の多い中卒にとっては、とても心強い味方がハローワークです

 

ハローワークのパソコンで求人を検索し、気になった求人はプリントアウトする事が出来ますが、プリントアウト枚数の制限、閲覧時間の制限などがありますので、注意して下さい。

 

何度もパソコンで求人を見たい場合で、時間制限を過ぎてしまった場合は、その都度受付で手続きを済ませる必要があります。

 

逆に言えば、受け付けさえすれば、何度でも利用が出来るので、ドンドンと活用しましょう。

 

ハローワーク求人の注意点

ただし、ハローワークにある求人が全て安心出来る企業ばかりというわけではありません。

 

中には、就職してみたら求人に掲載していた条件や待遇と異なっていた、という事もありえます。

 

またブラック企業からの求人もあります。

 

尚、ブラック企業の情報入手に関しては、「会社の社内情報の口コミが入手できるサイト」も参考にしてみて下さい。

 

そういう場合は、すぐにハローワークへ相談する事をお勧めします。

 

求人を出す会社も無料ゆえの危険性

民間の就職・転職支援サービスもハローワークも、就職や転職をする人は全て無料です。

 

しかし求人を出す会社にとって、民間の就職・転職支援サービスは有料で、そのサービス経由で求職者が就職した場合、成功報酬を支援サービス会社に支払います。

 

それに対してハローワークは、全てが無料で求人が出せるのです。

 

全てが無料であるが故に、時としてブラック企業、極めてブラックに近い内容の会社も求人をハローワークに出すのです。

 

ハローワークも近年、そういったブラック企業の求人を扱わないように求人を扱う際の規定等を改正し排除に努めていますが、まだ完全ではないようです。

 

またブラックではなくても、社会保険や福利厚生が整っていない会社でもハローワークには求人を出せます。

 

そういった怪しい求人の場合、ハローワークの職員が「この求人は要注意ですよ」と教えてくれる場合もありますが、求人を出した会社が事実を隠しているケースもありますので注意が必要です。

 

ただハローワークの場合、求人の応募条件が自分に合わない、具体的には学歴が高卒以上とされていても、ハローワークがその条件を確認、交渉してくれる事もあります。

 

私が実際にハローワークで経験した、高卒以上という条件でも採用された求人の体験談を次ページでお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク