中卒求職者の求人応募の注意点とダメな転職エージェントの特徴

求人応募の最終決定は自身で行い一人でも多くの支援プロと面談する

前ページでお伝えした転職エージェントは、就職や転職を希望する求職者一人一人に対して、希望や条件にマッチする求人をオファーしてくれたりスカウトをして、採用されるように応募書類の作成や面接の対応を指導するなどの個別支援を行うサービスです。

 

自分で求人を探すのではなく、プロが「この人にはこの求人がマッチし採用される可能性が高い」と判断して求人を提案しくれます。

 

 

プロが選び提示してくれる求人を詳しくチェックする

注意すべき求人応募とエージェント

注意すべき求人
応募とエージェント

転職エージェントが提案してくれる求人の多くは、一般に公開されていない非公開求人である場合が多くなっていますが、彼等は一年中毎日、就職や転職支援の仕事をし経験を重ねており、プロの判断で求職者に見合った、そして条件の良い求人を提案してくれます。

 

求職者は自分の人材評価を客観的に判断することが困難ですし、どういった業界のどういった職種で人材価値が高く評価されるかも分かりません。

 

エージェントは求職者にサービスを提供するだけでなく、求人をしている会社にも最良の人材を紹介しなくてはなりません。

 

総合的なプロの判断で転職エージェントは、求職者に求人を提示し会社に人材を紹介しますが、求人オファーやスカウトには2つのケースがあり、それは求職者が

  • 事前に予想ができる業界や職種の求人と
  • 予想できなかった未知の業界や職種の求人

があります。

 

予想された求人でも予想もできなかった求人でも、いずれの場合も率直に言いまして、条件や待遇の良い求人オファーを受ける、スカウトされると非常に嬉しく感じるものです。

 

求人オファーやスカウトの内容に、完全に満足し、その求人に採用されたい、仕事に就きたい、転職したいと考えるならば転職エージェントと二人三脚で活動を開始しましょう。

 

オファーされた求人で疑問点があれば必ず確認を

ここで就職・転職経験の少ない中卒者に注意をして頂きたいのは、もしも求人の内容に疑問点や分からないところがあれば、必ず転職エージェントに詳しく確認をするという点です。

 

自分の希望や条件と違うところが納得できる誤差であれば、受け入れることが出来る内容であれば積極的に応募しても良いでしょう。

 

しかし受け入れられない内容であれば、その求人を断る、他の求人を提示してもらうようにするべきです。

 

転職エージェントの方が、いくら良かれと思って紹介した求人であっても、採用の可能性が高い求人であっても、採用されて長く勤務する本人が納得して働くことが最も重要なことです。

 

オファーされた求人に応募するしないの最終的な判断は自分自身で必ず行うということです。

 

せっかくプロに支援をしてもらうのですから、なるべく100%に近い満足度の求人に応募するようにして下さい。

 

1社でも多く登録し1人でも多くのプロとコンタクトを

求人・転職サイト / 中卒就職の可能性を広げる優秀な担当者選び」でもお伝えしましたが、同じ転職エージェント、コンサルタントでも優秀なプロもいれば、そうではない人もいます。

 

支援を受けるべきではないダメな転職エージェントの特徴として以下があげられます。

  • 連絡の回数が少ない
  • 自分の希望などを聞いてくれない
  • 条件や待遇に妥協することを勧める
  • 待遇が低すぎる求人ばかり紹介する
  • 採用の可能性の少ないない求人を紹介する
  • 将来のキャリアアップについてアドバイスをしてくれない

このような担当者は決して優秀な就職支援のプロとはいえません。

 

また人と人との相性もあり、求職者のAさんにとっては相性の合う素晴らしい担当者であっても、求職者Bさんとでは相性が合わない場合もありますし、求職者の条件や希望でも違ってきます。

 

どの支援サービスに優秀なプロがいるのか、個人個人で環境が違う就職・転職活動で、いかに優秀で相性の合うプロの支援を受けるか、それは1社でも多くの支援サービスに登録して1人でも多くのプロと面談するかに依りけりです。

 

以下のリストを参考にして有利に活動をしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク