中卒が就職活動で直面する厳しさを乗り越えるための不採用通知

ドアを叩き続け中卒の就職の現実の厳しさを乗り越えドアを開く

求人情報、就職・転職支援サービスサイトには、専用の応募フォームが用意されています。

 

良い求人を見つけたら、その応募フォームに必要事項を記入して送信すれば、担当者の方から連絡が来るようになっています。

 

但し、ここで注意して頂きたい事があります。

 

 

不合格・不採用通知の多さこそが頑張っている勲章

不合格・不採用通知は勲章

不合格・不採用
通知は勲章

それは書類審査や面接の「不合格」、および「不採用」という通知を受け取った場合の、自分の気持ちの切り替えです。

 

自分に合った、そして望んでいた条件や待遇の求人を見つけ、それに応募しても、不合格・不採用という通知を受けると、どうしても落ち込んでしまいます。

 

精神的にショックを受けます。

 

私もイヤというほど何回も何回も数えきれないほど経験しました。

 

応募種類を含めて求人に応募しても、すぐにメールが折り返しに来て、「残念ですが書類審査で不合格となりました」…

 

別の求人で書類審査に合格し面接しますと連絡を受け、準備を整え衣装もメイクも慎重にして面接を受け、その結果を待っていると、「残念ですが今回は採用を見送らせていただきます」との不採用の通知…

 

メールの最期に「貴殿の今後の益々のご活躍を祈念致します」… 思わず、「余計なお世話!」と言いたくなります。

 

当たり前ですが、求人に応募すればするほど、不合格・不採用の通知を多く受け取る事となります。

 

つまり就職活動を頑張れば頑張るほど、落ち込む回数も増えてしまうのです。

 

どうか、この事も覚えておいて下さい。

 

つまり、真面目に就職活動をする人ほど傷ついてしまうのだ、と…

 

ドアを叩き続けましょう!

私達中卒は、学歴、そして社会の偏見、先入観という厳しい現実と向き合う必要があります。

 

いくら望んでも、かなわない事はあります。

 

しかし、それを乗り越えてはじめて夢や目標に一歩近づく事が出来るのです。

 

乗り越えるためには、辛くても経験を積まなくてはなりません。

 

しかも、そういう経験は若い時期にこそ積んでおくべきと私は考えています。

 

不合格・不採用という通知を、どれだけ受け取るか、その数が多ければ多いほど、就職活動の貴重な経験を積む事となり、厳しい現実を乗り越える事が出来るようになるのです。

 

まさに私が、そうでした。

 

就職・転職支援サービス、転職エージェント、ハローワークを全て活用し、どんどんと求人に応募しましょう。

 

求人というドアを叩き続けましょう

 

ノックをしないと、部屋の中にいる人に貴方が中に入りたいという意志は伝わらず、ドアは開きません。

 

しかしノックを続ければ、必ずドアは開きます。

 

ドアが開いたら、チェレンジ精神を発揮して、中に入りたいという自分の意志をアピールしましょう!

 

不合格・不採用通知を受け取ってもチャレンジをすることの大切さについては、以下の記事も参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク